Page:1999/10/11
drove to the MOTOYU-spa

本日はとっても曇空が良い、月曜日なのに体育の日の振替休日できょうもお休みである。
「じゃ〜ん、三連休だよ〜ん、何しようかなぁ」なんて思っていたらもう最終日である。こんなものよネ!
な〜んにもやっていないのに、明日から仕事と思うと、とたんに疲れが出てくる、そうでショ。
でこんな時はひとっぷろ浴びて、疲れを癒すに限るそれも温泉で、、、、、。
てなわけで、嬉野町のもとゆ温泉へ出かけた。車で40分、バンデンで50分、ちょうど良い距離である、
勿論バンデンにとってである。
前回乗ったのが8/23だから(エンジンは掛けてるよ)一月半振りの外出かぁ。
にもかかわらず、相変わらず調子は良い。いわゆるGOODなのである。
ちょっと長めのクランキングの後、A型エンジンはブォーンと目覚め、徐々にチョークを戻しアイドリング
を正常にさせる。その間、ウインカーやライトの点滅を確認したり、水回りやオイルの漏れなんかを
確認する。いっつも見ているエンジンルームなのに、外出する時は何かしらエンジンも元気よさそう。
「きっと、バンデンも嬉しいのサ」と子供に話すと「おとうさんがでしょ」と笑いながら呆れてる。
素直でやさしい子達だ。
さて、水温計の針も白レンジに入ってきた。いざ出発。エンジン音をBGMに快調に走る。
すれ違う車や沿道の人達の熱い視線を感じつつ、鼓膜はずっとエンジン音を聞いている。
タイヤはミシュランのMX!ラジアルなのでバイアスほどの乗り心地は無いけれど、安心。
時速30マイル前後で爽快に走り、50分後に温泉へ到着。
嬉野は昔からある温泉場で、温泉湯豆腐が有名(美味しんぼにも登場している。)
その中でも「もとゆ温泉」は地元の人が好んで入りに来る程、泉質が良いらしい。
バンデンを入れてあげられないのが、寂しい。
ゆっくり温泉に浸かり、湯豆腐を食べ、体もお腹も十分にリラックスさせ、バンデンに乗り込み家路を
急ぐ。シートに座り、スミスのメーターに視線を移す時、心もリラックスし始めている。
「三日に一回は乗るようにするからね」とバンデンに約束する。
う〜ん、やっぱ、良い車だね、バンデンは。