Page:report of HTB
so nice cars in the HUIS TEN BOSCH!

さて、今回はハウステンボス(HTB)のお話です。
HTBに関してはいまさらお話することも無く,いわゆるオランダの街並みが再現されているのですが,日本でいうところの、京都も、浅草も、中州も、ひとつの場所に集めているらしく,ヨーロッパ人にはとても不思議に写るようです。
まぁ、その辺はおいといて、私には自宅よりバンデンで走って15分で異国体験が出来るのでよく利用します。
HTBは、東京ドーム数個分の広さが有り,歩くのはとってもしんどいので、乗り物も用意されております.
オランダと言うことで,カナル沿いの船が人気ですが,自転車、勿論「車」もあります。
それはとてもクラシカルで、バス/タクシー/VIP車は全てウッドトリムが施されており、内装もウッドを多用してあります。社用車もそれなりに気を使ってあります。
われら、英国車フリークとしてはやはり英国ブランドに眼が行くわけですが、いますヨ、ミニ・スーパーセブン
ミニはオープンがよく走っています.黒のミニがホテルのロータリーパークに佇んでいる姿は結構絵になりますネェ
2階建てバス(2階席はナントオープン)も走っております.
トヨタが最初に作ったA型トヨタも数台NewCarとして作られており,お金持ちサン用に動いております.
園外のタクシー乗り場にはベンツのタクシーもいます。(だからなんだぁ!)
バスもタクシーも毎日使い込まれているので、傷んだウッドをニスで塗り治した痕やらで、いい味をだしております.
カントリーマンのウッドのやれみたいにネ。
また、駐車場には県外ナンバーの車でいっぱいでして,先日は「TOYOTA 2000GT」を発見!
楽しいのは、園内だけではありませんでした。