Page:1/43scale metal Model Car,VPP
made from CROSSWAY MODELS,England

さて、今回は念願のVPPミニチュアモデルのお話です。
旧車好きな人はえてして、ミニカーやプラモデルも好きな人が多いみたい。
そういう私もその一人で、ミニのプラモは絶版品を含め戸袋一人占め、ミニカーに至ってはミニ
ミュージアムやフェラーリミュージアムを始め、英国車中心に数えられないくらいある。(チョット自慢!)
だけど、でも、なのに、VPPのモデルカーは全然手に入らなかった。
だから今回英国車掲示板で発売のアナウンスがあった時は、嬉しくて、ウレシクテ。即効オーダー!
手順はいたって簡単、専用のオーダーシートに田近氏のコメント通りに記入しFaxするだけ。
後は到着を待つ。じっと待てなくて、他のミニカーをあれこれ引っ張ってきてはニヤニヤする。
そして6日後、あっけなく到着。しかし感動メーターはレッドゾーン。
早速箱を開けてみる。幾重にも巻かれたプチプチの中から出てきましたよ、VPP
私は、白色を購入。理由は簡単我が姫の色に塗り直せるから(現品見るとそんな気は失せたが!)
まずはフロントマスクはこんな感じ。パルテノングリルもFOGライトも良く出来ている。
リヤ回りはこんな感じ。さすがに「vanden plas princess 1300」はシールだけど、いい味出てます。
テールランプの配色って、実物みたいだと思いませんか?
マフラーも1本物が実物の通りにエンジン下部より通って、チャンと出口は曲がっているのです。
サイドビューはこんな感じ。コーチラインとセンターモチーフが無いのが残念。(作ろうかぁ、アマバさん)。
内装はこんな感じ。照明の関係で少し明るめに写っているけど、もうちょっとダークな感じ。
ちなみに配色は、Midnight blue。(でも誰が見ても黒にしか見えないけれど、、、、、。)
ハンドル・レギュレーターや、ウッドパネルの造作はいい感じよネ。ちなみにマニュアルシフトでした。
最後にIDカード。名刺弱の大きさでキチンとパウチされて、この文中に400台中の266番目なる事や、
VPPの諸元が記載されてます。
でも、自分の愛車のモデルが存在し入手できるって良いですなぁ。コレクションボックスの一番席に
飾っております。どうやら今日は眠れそうにありませんなぁ。