△最近の絵日記をみる   △アルバムをみる   △思い出してごらん?   ▲TOP


06/21/2013 1275
Vandenの排気量は1300シリーズは実は1300ccではないって事ぐらいは車好きで張れば誰も分る。じゃ、何CC?と聞くと、旧い人はテンシーシー(10CC)と答え、その場に微妙な空気を吹き込む。ちょっと知ったか者は”1298CC”堂々と間違える、1100モデルが1098CCだからだと思うがそれは安直。排気量はボアXストロークだよ、、きみ。
で、正解はと言うと「1275CC」。1300モデルは全て1275cc。ちなみにレアな1275モデルも1275CC。なので、レアな1275モデルでは無い1300モデルに1275のエンブレムを付けても、「排気量です」って言えば、”嘘つき”にはならない、ハズ(-_-;)。1300はボディタイプがMk2、1275モデルはMk1だから見た瞬間に分る人には判ってしまってるものね。排気量の証はエンジンのエキパイ側にひっそりとついてました。

04/13/2013 エンジンです
さて降臨したエンジンです。姫の心臓です。ハツです。姫と言う割には男らしいハツです。見るからにはオイルと埃で汚れているのですが、10数年前に塗り直した緑の塗装も残ってます。綺麗に洗うと以外にお姫のハツなのかもしれません(笑)。でもさすがにオイル漏れやにじみはいたるところから染み出してまして、これを全て止めるとなるとOHのごとく分解しなければなりません、ので、今回は目をつぶるとこはつぶってと。トルコン側オイルシールとギアチェンジケース側のオイルシール交換、ユニバーサルジョイント交換を中心に、デスビのローターやポイント類、マウントなど見えてるところはやろうと考えてます。

04/11/2013 エンジン降りる
ついに、エンジン降りました。パチパチ。
エンジンの無いエンジンルームは何とも間抜けな空間が広がりますが、実はサブフレームの様子とか色々と直視出来て、「降ろしたついでのメンテ」を容易にさせます。
乗った分、乗らない分の経年劣化はやはり随所に出ており、今回色々とついでのメンテを検討しております。
詳しくはこれからレポートしますね。

03/20/2013 ジャグワーのトランクって、、。
1986年に生産されたとは言え、当時最高級のクルマ、ジャグワーXJ12VandenPlas。後にディムラーにその名を譲るまで、いや、その後も、ジャグワーXJシリーズではやはりVandenPlasヴァージョンは、最高品質の車であることは、誰も異論は唱えないだろう。
とある雨の朝。後付されたキーレスエントリーのリモコンキーでロックを解除し、トランクに入れてる傘を取り出そうとしてその悲劇は始まった。トランクのドアが解錠されていない、ので、Keyにて手動で解錠。その間、ずぶ濡れ。その後何度試しても同様。動揺してるうちに、キーレス自体が動作不能に。沖〇にヘルプしながら、原因は運転席内部後付アクチュエーター配線のルーズ。差し込みなおしで無事復活。その際、〇純のDD6も後付けキーレスを取り付けたところ、トランクも連動して施錠・解錠すると言う。ので、メカに相談。メカ曰く「配線が1系統(施錠)しかないんですよね〜、アクチュエーターも施錠方向にしかロッドが動かないんですよね〜、、もしや、、」。
実は、施錠はドア連動で解錠はトランクキーで手動が仕様。当時最高級車で、当時14,000万円のクルマが、、。衝撃的に驚きました。勿論そうであるべき理由があるのでしょうが、現代では、少なくとも私は、解錠もドア連動であって欲しい。ので、キーレスメーカーと連絡とって、トランクに新たにアクチュエーターを取り付けました。これで、現代車に変身。濡れずにすみます。

03/16/2013 ハブキャップ センターモチーフ
ヤフオクでハブキャップセンターモチーフをGetした。以前からちょくちょく出品されてるナァと思っていたが、全て落札後、見事後の祭りだった。今回何気に見つけたので即決で購入約2諭吉、@5Kが安いか高いかは皆様それぞれで。勿論リプロでああるが、良く出来ているのよね。純正はモチーフの球面盛り利上がりがCカップで、ハブキャップに装着すると、球面最上部がハブより出てしまう、ので、ハブを擦るような場合はモチーフの先っぽも当然擦れてしまう、ので、純正中古でその辺りが綺麗なものは本当に少ない。このリプロは膨らみがAカップなゆえ、ハブから出ることが無い=擦ることがない=いつも綺麗となる。さてどっちを取る?10数年前NYMで@6〜8でアー〇・イン〇ーナショ〇ルが売ってて、ブツはそれと同じものの様子。良く何セットも残っていたものだ。これを新しく造る業者(個人)はまず居無いくらいだろうね〜とっても手が込んでるから。

03/02/2013 オイル漏れ
メカの元へ旅立ち4日間状況確認された我姫。冷えても暖まってもある一定量オイル漏れを確認。場所はシフトリンケージ部分とギヤ軸部の両方ともオイルシールから。まずはエンジン外部で作業できるリンケージオイルシールを強化タイプに交換し、半分のオイル漏れを止め、内部オイルシールには前回効果があった軟化用添加剤を入れ、漏れの状態を再チェックし、許せる範囲内であれば、オイル漏れのメンテは終了。ついでにアレコレ見て貰うと、左側のユニバーサルジョイントが錆が出てグリスも切れてそうで、今回コレも交換予定。右部分はまだまだ使えるようだけど、交換時期を合わせるべく、今回両方とも交換しようかとも思案中。新しいUジョイントの材質をチェックして、決定します。長期戦だぁ〜

02/26/2013 オイル漏れ
長らく放置プレイ、いや、冬眠状態だった姫に春の訪れを感じさせてあげようとボンネットを開けようとしたときに、それは発覚した。エンジン下に見える黒い海。そう、オイル漏れ。それも尋常ではない量。ゆうに1Lは漏れていそう。オイル敷きに、ワインの木箱を置いているのだが、木箱はオイルを吸う、良く吸う、ので、リビングの床までオイルがビッチャリ。こんな時は、キッチンペーパーがお役立ちアイテム。オイルの上に並べておくと、綺麗に吸い取ってくれる。ウエスでオイルを拭きあげるとオイルの捨て先に困るが、Kペーパーだとそのまま缶に入れて処分できる。なにせ、手が汚れない。Kペーパーは安くロールも長いので、オイルレベルチェックでも拭き取りはKペーパー。トランクに常備よ。幸いヴァンデンの寝床は、タイルなので拭きあげてスチーム洗浄すると、元通り綺麗に復活。肝心のヴァンデンはと言うと、やはり500mlは確実に減っている。ので、メカに連絡し、工場で点検と相成った。

01/23/2013 新年会
1100クラブの新年会も華々しく終了し、さすがにその夜はバタンQ。翌朝友人とともに新幹線発車時刻までベタな大阪観光へ。乗車駅が新大阪なので、ミナミから北上する作戦を決行。まずは御堂筋線で通天閣を目指し南下。動物園前よりジャンジャン通りを抜け通天閣へ。なんと60分待ち。ビリケンさんに旅の安全や商売繁盛・学業成就等色々とお願いをし、本場二度づけ禁止の串かつを堪能し、娘のお土産を買い、一路道頓堀へ。グリコとカニとカールおじさんと太郎に挨拶し、ZAZAでOne-coin漫才を堪能し、大たこのたこ焼きを食し、”心ぶら”し心斎橋から御堂筋線で新大阪へ。お土産と駅弁とワイン買ってたら、まもなく発射時刻。戻りはたいそう疲れるだろうとGreen-seatを予約しておいた。広いシート・足も伸ばせるし、なんと言っても、余り人が乗ってないから静かでよろしい。あっと言う間の2時間30分で博多着。新年会も楽しかったけれど、おまけ?の大阪観光も楽しかった。来年も参加しようかなぁ(^^♪、そうそう、本場”お好み焼き”食べてなかった〜

01/20/2013 新年会
さて会場のご提供頂きました松永蔵のGarageをご紹介。
スタジオと同じくRC打ちっ放し(でも表面がとても綺麗)のだだっ広いガレージ。現在はカニ目・MG1100・MIni・2CVの4台が納まっているけれど、詰めればもう数台はゆうに入りそうな広さ、素敵です。壁面には小物類も充実。コレも素敵にディスプレイしてあります。我らヴァンデンではハンドル交換は考えもしないけど、ソコは”走りのMG"レスレストンから数種類スタンバッテます。ガレージ内をうろちょろしてると色々発見します。タイヤ4つばかりが乗りものではないようで、DUCATI-F1が。F3に少し乗りましたが400ccはパワーが無くて、やはり750ccは良いですね〜譲って下さい!その他、Bikeも数台アリマシタ。空いた時間を好きな乗り物達と過ごす空間、いい感じですね〜。次回の自宅設計の参考にさせて頂きます。

01/19/2013 新年会
新年会とは言えど、1100クラブの公式行事ですから、「会議」もあります。今回は会員多数参加なので、意見も沢山聞けますし、役員改選や備品購入など議題も満載、、勿論会計による未納会費の徴収!もあります(笑)。本来は乾杯前に行なうのですが、13時スタートに余りに美味しい料理とビールにいつしか優先順位は下がり、気が付けば「あ、忘れてた〜ほな、やろかぁ〜」と。株主総会ヨロシク「シャンシャン会議」で全て決定。事前にML等で内容を熟知しているので話は早いデス。高価景品を無料でGetできるじゃんけんゲームや室内灯を落としミラーボールの明かりで踊るディスコタイム、松永会員夫婦によるギターとピアノによる生演奏、ピアノは他の会員も演奏されてました、と、いろいろとイベントは進みます。そして、昨年急逝された故原田会員を偲んで、全員での「Hey Jude」の大合唱。歌詞カードを用意して頂いたのですが、見ずとも歌える世代の方ばかり・・・いやぁ〜昭和の歌声喫茶、再現でした、、盛り上がりました。新年会には神戸MGCCの皆さんもゲスト参加、、そして、、無事入会されました。
- TOSHISRUS -